そばかすとシミはどう違うの?

そばかすとシミの違いについてきちんと理解しましょう

そばかすだとずっと思いっていたのが実はシミだった、なんて経験はありませんか?一見どちらも同じように見えますが、間違ったお肌のお手入れをしているとなかなか改善できません。では気になるシミとそばかすの違いについて早速チェックしてみましょう。

 

そばかすの特徴を理解しよう

そばかすは年齢肌のサインでなく、小さな子供にもありますよね。そばかすの原因のほとんどは遺伝性といわれていますが、大きさはシミより若干小さい点が特徴。頬や鼻の周りにできやすく、顔以外にもそばかすができることもあります。

 

そばかすは紫外線を浴びるとさらに濃くなる為、日頃の日焼け対策がポイント。シミは年齢肌の特徴の一つですが、そばかすは逆に年齢とともに薄くなる場合もあります。

 

遺伝性でも後天性のそばかすでも原因になるものはメラニン。スキンケアで正しいお手入れをしないとそばかすも広がる可能性があります。そばかすだらけの顔はシミと勘違いされることもありますので、放置するのはオススメではありません。

シミとの違い

シミはそばかすと異なり、後天的な原因によるものです。加齢により肌の働きが衰えること、また紫外線によるダメージなどが原因になります。ニキビ跡を正しくケアしないと、炎症により色素沈着をおこしシミになる場合もありますので、シミは日頃の予防対策がとても効果的。

 

しかし一度シミができるとなかなか消えないことが悩みの種ですよね。シミはそばかすと比べるとサイズが大きく、頬だけでなくおでこなど顔全体にでる特徴があります。

 

30代以降になると皮膚の下に待機しているシミの予備軍が表面に出てくる為、40代ではさらにシミが増え濃くなっていきます。それを防ぐには日頃のスキンケアが大切ですね。

お手入れ方法は同じ

シミとそばかすのお手入れ方法はどちらもメラニン色素が原因のため実は同じなのです。そばかすは遺伝が原因といわれている為、予防することは難しいのですが、皮膚科などのクリニックで治療を受けるとそばかすが濃くなるのを予防することは可能です。

 

また毎日のスキンケアでそばかすを濃くしないようにするお手入れはシミケアと同じ。美白有効成分を肌に補うことで濃いシミとそばかすを薄くすることができます。

 

まず注意したいのが紫外線。紫外線は活性酸素を大量に発生させる原因で、メラニン色素の働きを活発にします。またビタミン類の栄養素も肌のターンオーバーを活性化するために効果的。化粧品やサプリなどで体の外と内側から栄養補給するとよいでしょう。

関連ページ

40代のくすみの原因について気になる原因をご紹介します
なんとなく肌が汚れている透明感がない「くすみ肌」。年齢とともに悪化し、メイクで肌の色を明るくしている人も多いですよね。40代になるとさらにくすみが目立ち、この症状は年齢肌の典型的な悩みの一つです。ではなぜくすみがおこるのか、気になる原因をご紹介しましょう。
敏感肌は美白化粧品を使って大丈夫?
美白化粧品の売れ筋ランキングでは魅力的な商品がたくさん紹介されています。どれも使ってみたくなりますが選ぶ前に注意したいのが敏感肌タイプ。美白有効成分は肌に刺激が強いタイプもありますので、美白ケアではどのような点に注意したらよいのでしょうか。
美白化粧品は売れ筋ランキングで年代別に選ぶこと
美白化粧品は近年種類がとても増え、日常的に美白ケアをしている方がとても多いですよね。シミやくすみは早くから予防することが大切。そこで美白化粧品の売れ筋ランキングから、年齢別にあった化粧品を選ぶポイントをご紹介しましょう。
シミ予防する効果的な方法
シミは一度できるとなかなか薄くするのが大変。そのままにしておくとさらに濃くなってしまう厄介ものです。シミが顔に広がると同時にくすみもひどくなるためますます老け顔。改善するためには予防を重視した美白ケアが欠かせません。
スキンケアに効果的なプラスアルファ
美白の効果をさらに引き出すにはスキンケアにも以外にもちょっとした習慣が必要です。シミやくすみに効果がある有効成分を、さらに効き目を発揮させる為のポイントをご紹介したいと思います。